【2019】浄智寺の紅葉、見ごたえのある景色を分かりやすくご紹介

鎌倉の神社・お寺








寺域の背後に谷戸があり、杉や竹などの自然の景色に満ちた浄智寺。

見ごたえのあるビャクシン、コウマキ、イチョウの大木のある閑静な境内。

そんな、浄智寺で見つけた美しい紅葉の景色を、分かりやすくご紹介いたします。

 

紅葉のおススメ度★★★★☆

 

江のくん
江のくん
寺域が自然に包まれている浄智寺は、紅葉を楽しむには格好のお寺です。



1.浄智寺の基本情報

基本情報

住所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内1402

電話番号:0467-22-3943

休業日:なし

拝観時間:9:00~16:30

拝観料金:大人200円 こども100円

専用駐車場:なし

 

アクセス

北鎌倉駅西口から徒歩6分ほど

 

西口を出ると、車どおりのある大きめの道があり、そのまま左手に歩きましょう。

まっすぐ歩いて6分ほどで、右手に「浄智寺」の入り口看板が見えます。

 

地図

北鎌倉の周辺の紅葉の見ごろはいつ?

例年の北鎌倉の見ごろは、11月後半から12月上旬です。

 

鎌倉エリアは東京よりも温暖な気候のため、12月に入って見ごろを迎えるのは割と普通なんです。

 

もちろん、年によっては見ごろの時期が前後することもあります。

なので、上記の時期は目安としてお考えくださいね。

 

2.浄智寺の紅葉

江のくん
江のくん
ここからは、浄智寺の入り口から、境内の奥に向かって順番に見られる紅葉をお見せいたします。

門前の浄智寺。

車どおりのある道から浄智寺の通りに入り込むと、急に静寂がおとずれます。

 

惣門を抜けると、山門に続く階段が続きます。

 

目の前に山門が見えますが、写真右手で拝観料のお支払いです。

 

振り返ると、秋色に染まる木々が風情を感じさせますね。

 

山門を抜けると、イチョウの葉に染まる広場に出ます。

 

鎌倉石に張り付く苔むした石段のうえに散るイチョウ。

 

仏殿のわきから、境内の奥に道が続きます。

 

仏殿と紅葉。

 

仏殿わきから先は、浄智寺の自然を感じるスポットが続きます。

 

見上げると様々な色に染まる紅葉。

 

地面に散るイチョウ。

 

コウヤマキの大木は、市指定天然記念物に指定されています。

 

書院裏手の景色も見ごたえがありますね。

 

布袋孫を参拝できる洞窟の前に、カキの木を発見。

秋を感じさせますね。

 

洞窟を抜けて、墓地のわきを通り、布袋尊の方へ向かいます。

 

いました!

愛らしいお姿の布袋孫のお姿は、いつ見ても癒されます。

 

江のくん
江のくん
布袋尊像の指さす方向に福があり、おなかをなでると元気になれるのだそう。

 

切り株の中にも、秋の色を発見!

 

正面から見た書院の入り口。

御朱印は写真奥からいただけます。

 

入り口近くで、木のベンチを発見。

一回りして疲れた方は、座って秋の空気につつまれるのもいいかもしれません。

 

素敵な秋のお庭も発見しました。

自然に包まれた浄智寺は、紅葉狩りにはうってつけのお寺ですね。



3.まとめ|自然を感じながら秋の紅葉を見るには絶好のスポット

浄智寺の紅葉まとめ・浄智寺は、北鎌倉駅から徒歩6分ほど。拝観料大人200円です。

・自然にあふれた境内は紅葉も見ごたえあり

・境内の布袋尊像は、おなかをさわると元気になれるのだそう

 

自然の中にある浄智寺は、紅葉を楽しむにはちょうどよい環境といえます。

境内はシンプルな順路で歩きやすいこともおススメできる理由です。

 

北鎌倉の紅葉を楽しむ場合は、候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。