【2019】長谷の灯り|収玄寺のライトアップをご紹介します。

鎌倉の季節行事








本記事では、

8か所ある長谷の灯りのうち、

「収玄寺」についてご紹介いたします。

 

1.長谷の灯りとは

鎌倉の「長谷」「極楽寺」周辺の8つの寺院・施設がライトアップされるイベントです。

 

開催期間

日程:2019年8月19日(月)~25日(日)

時間:18:30~20:30

(各会場の最終入場は20:00)

 

【注意】雨天時・荒天時は開催が中止となる場合もあります。

 

江のくん
江のくん
ちなみに、完全に暗くなるのは19:00頃かな。

 

また、長谷の灯り8か所すべての情報もまとめました。

どうぞ、【こちら】からご覧ください。

 

2.収玄寺の詳細情報

住所:〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目15−12

問い合わせ先:0466-24-2715(鎌倉長谷の灯り実行委員会 事務局)

アクセス:江ノ電長谷駅より徒歩1分ほど

拝観料:無料(志納)

宗派:日蓮宗

ご本尊:十界曼荼羅

収玄寺のポイント

・本堂には、日蓮と四条金吾夫妻の像がまつられている

・鎌倉時代の武士、四条金吾の屋敷跡に創建された「収玄庵」がはじまりとされる

3.収玄寺・体験レポート!

美しいお庭がポイントの収玄寺。

 

サッと見て回ることのできる広さです。

 

江のくん
江のくん
見どころは、御本堂周辺のライトアップ。また、お庭の手入れが非常に行き届いているのも見どころです。

 

入り口は青緑の光で照らされていてきれいですね。

 

門の奥に大きな石碑が見えます。

 

江のくん
江のくん
大きな石碑が、目立つなあ。

 

「四条金吾邸址」と書かれた石碑もライトアップされています。

 

こちらは元々、鎌倉時代の武士である、

四条金吾の邸宅でした。

 

ちなみこの石碑。

日蓮宗の信者であった、

「東郷平八郎」の筆によって書かれたものらしいです。

 

地面には小さな灯り。

 

そして、木々には明るいライトが照らされています。

 

やはり、昼とは全然違った雰囲気ですね。

 

ライトに照らされたあじさい。

 

真夏の暑さに耐えて、

まだきれいに咲いていました。

 

こちらは蓮の花。

ピンク色がきれいですね。

 

本堂も、もちろんライトアップされています。

 

本堂のわきには、生け花が添えられていました。

 

こちらも見ごたえ十分ですね。



4.まとめ|お庭のうつくしい、駅からすぐのお寺です。

江ノ電長谷駅からすぐのお寺です。

 

とにかくお庭が美しいのが魅力の収玄寺。

 

ライトアップされて、

いつもと違った雰囲気は、

「長谷の灯り」の間しか見ることのできない貴重な景色です。

 

江のくん
江のくん
駅からすぐだし、気軽に入れる雰囲気が素敵です。