江の島|「貝広物産店」の魅力が1ページで簡単にわかります

江の島辞典








江のくん
江のくん
江の島のおみやげ屋さんの「貝広物産店」について、簡単にご紹介します。

 

 

1.貝広物産店って、どんなお店?

エスカーの終点でもあるサムエルコッキング苑の道を、奥津宮方面に向かってまっすぐ進むと左手に見えてくるのが「貝広物産店」です。

 

開業は明治44年(1911年)。

 

つまり貝広物産店は、

江の島の中で100年以上続く老舗のひとつなのです。

 

そんな貝広物産店の店内は、懐かしい昭和の雰囲気を残していて、味があります

 

また、商品も他のお店のように、江の島のお土産品だけでなく、民芸品や、世界中から集められた貝殻の展示・販売も行っています。

 

以前は「世界の貝の博物館」という名称で、二千点以上の「貝の展示コーナー」も用意されていました。

 

その影響もあってか、

珍しい貝を求めて、かなり遠方からお客さんが訪れることもあるとか。

 

そして、藤沢市非公認キャラクターの「江の島さんぽちゃん」の商品も置かれています。

 

江のくん
江のくん
パッと見ると普通のレトロ感あるお店なんだけれど…。
よく見るととっても味わい深いお店なんです!

 

貝広物産展の店主について

貝広物産展は、テレビで江の島の特集が組まれたときによく取材を受けている印象があります。

 

その理由は、店内のカオスさ面白さや、貝の博物館というユニークな発想が理由として挙げられますが、一番は店主の人を引き付ける明るく元気な人柄によるところも大きいように思われます。

 

貝広物産店の店主の名は「片野義雄」さん

 

親しみを込めて周囲からは「よっちゃん」と呼ばれる片野さん。

 

初めてのお客さんにも笑顔で対応して下さります。

その人柄に魅力を感じ、定期的にお店を訪れるお客さんもいらっしゃるようです。

 

2.貝広物産店の店内の様子を写真でご紹介します

江のくん
江のくん
ここからは、お店の中も紹介しちゃうよ。

①お店の外観

老舗の江の島らしい、懐かしい雰囲気の店構えです。

 

ちなみに、貝広物産店の建物は、創業から使われています。

なので、お店が建てられてから現在まで100年以上が経過しているのです

正直、驚愕です。

 

②江の島の真実の口

映画「ローマの休日」に登場する「真実の口」が、なんと江の島にもあります!

 

その正体は、1回100円でできる占いの機械です。

地味に人気があるようで、やっている人を時々見かけます。

 

③お店の入り口

店内に入ると、入り口からたくさんの商品に囲まれます。

 

江のくん
江のくん
商品に触っちゃダメ。ドウント・タッチ!

 

民芸品や、様々な貝が並んでいる店内。

貴重な商品にあふれています。

 

江のくん
江のくん
ドウント・タッチ!

 

④店内の様子

色々な商品にあふれているので、見ていると目が忙しいです。

 

そして、「世界の貝の博物館」に展示していた貝たちも、今は店内に並んでいます。

 

貝広物産店は、もともと貝細工の商品をたくさん扱っていました。

 

しかし、時代とともに、貝細工は売れなくなっており、商品数は減っているのだそう。

 

店の入り口側には、白い貝のつるし飾りが飾られ、とても涼し気です。

 

貝広物産店には、

海辺のお店らしいゆったりした雰囲気も漂っています。

 

貝、貝、貝!

店内には、本当にたくさんの貝があるんです。

こんなに貝を扱っているお店は、他にはないのではないでしょうか。

 

貝好きの方なら、

遠方から出も来たくなる気持ちも分かるような気がします。

 

江の島写真家の「hajime」さんの写真も扱っています。

江の島・湘南関連の商品もそろっており、とにかく品の幅が広いお店です。

 

江の島は多数のアニメの舞台にもなっています。

 

貝広物産店の店内には、

アニメのポスターをけっこう見かけます。

レトロな雰囲気にアニメのポスターがある感じが、また味わい深いです。

 

江のくん
江のくん
とにかく店内はたくさんの商品でぎゅうぎゅうです!
他では扱っていないものが多く、見ているだけで楽しいよ。

 

3.貝広物産展は、「江の島さんぽちゃん」であふれています

江の島さんぽちゃんって、誰?

店内には、「江の島さんぽちゃん」のグッズが沢山並べられています。

 

そんな「江の島さんぽちゃん」とは、誰?という方にご説明します。

 

江の島さんぽちゃんは、江の島のある「藤沢市の非公認キャラクター」です。

 

普段は江の島を中心に、藤沢市の魅力をPRしています。

また、美しい景色やおすすめの飲食店、可愛いお土産などをSNS上で発信しています。

 

ちなみにさんぽちゃんは、イラストバージョンリアルバージョンの、どちらも存在します

2.5次元のキャラクターとして、すべてご自身でプロデュースしていらっしゃるのだそうです。

 

江のくん
江のくん
さんぽちゃんの衣装をよく見ると、体は灯台で、スカートは陸と海で、デザインの発想がすごいです!

 

江の島さんぽちゃんのコーナー多数の店内の様子

貝広物産展のお店の前には、さんぽちゃんを紹介するコーナーが大きく広がっています。

 

店の入り口にある看板には、さんぽちゃんコーナーがあります。

 

そこにの看板や、他にも江の島のポストカードや写真などが混ざっているため、まさにカオス状態。

目がとっても忙しいです。

 

また、店内にもさんぽちゃんグッズや交流ノートなどがあります。

店主のさんぽちゃん応援熱はなかなかのようです。

 

交流ノートには、訪れたみなさんのイラストも沢山描かれていました。

 

さんぽちゃんファンは、絶対訪れるべきスポットです!

間違いない!

 

4.貝広物産展の場所や電話番号などの基本情報

住所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目4−8

電話番号:0466-22-4330

営業時間:9:00~18:00

休業日:不定休・荒天時

 

江のくん
江のくん
営業時間などは、江の島タイムが発動します。なので、お店が早く閉まったり、雨でやってないこともあるようです。

 

地図

江のくん
江のくん
サムエルコッキング苑の先で、奥津宮に向かう途中にお店があります。