鎌倉高校前駅(江ノ電)|海の真ん前の静かな駅。まるで不思議な世界に迷い込んだ気分に…。

江ノ電








みなさんこんにちは。

江の島大好きの江のくんと申します!

 

今回から新企画!

江ノ電の駅を全部紹介するシリーズを行っていきたいと思います。

映えある第1回目は、「鎌倉高校前駅」を特集いたします!

 

名前の通り、鎌倉高校の前にある駅なのですが、この駅に降りると、なんだか不思議な世界に降り立ったような気分にさせられるんですよね。

 

駅自体はいたってシンプルで、周辺観光も特に目立つものはありません。

けれど、すごく人気のある駅でもあります。

 

そんな”観光”ではないところに魅力を感じる鎌倉高校前駅について、さっそくご紹介していきたいと思います!

 

目次

1.鎌倉高校前駅のパラメーター

2.鎌倉高校前駅の特徴

3.鎌倉高校前駅の観光・楽しみ方をご案内いたします!

4.鎌倉高校前駅を写真でどどんとご紹介!

 

1.鎌倉高校前駅のパラメーター(※江のくん調べ)

 

①リラックスポイント ★★★★★

・人の気配がなくなった瞬間、まるで外から切り離された不思議な世界にでも迷い込んでしまったような感覚になります。

駅のベンチでのーんびり海を眺めると、日々のもやもやもどこかに吹き飛んでしまうかもしれません。

 

②美しさポイント    ★★★★★

・駅の真ん前には青い海の水平線と空、それに、手前の国道134号線があるだけです。

フォトジェニックな景色に、引き算の美しさを感じずにはいられません。

 

③観光地ポイント    ★★☆☆☆

・周辺観光は「海」です。

ショッピングやレストラン等はほとんどありません。

あるのは、駅を降りてすぐの砂浜。駅を出てすぐなので、気軽に行って帰ってこれる、そんな手軽さがいいですね。

 

2.鎌倉高校前駅の特徴

鎌倉高校前駅は、『関東の駅100選』に選ばれた実績があるほど、江ノ電沿線の中でも特に美しい景観で有名なところです。

正面には七里ヶ浜が広がり、ホームのベンチに座ったまま、だまって海を眺めているだけで時間を忘れてしまいそうになります。

 

また、来る時間によって、駅の表情も変えていきます。

朝や昼、夕刻、夜と、それぞれ違った魅力にあふれており、一眼レフを持って駅周辺の景色を撮影する人は後を絶ちません。

 

また、冬季は駅にイルミネーションが灯され、また違った景色を体感できるでしょう。

 

地図:

海の真ん前にあるのが地図を見てもわかりますね!

そして、口コミの点数、高すぎでしょう!

 

3.鎌倉高校前駅の観光・楽しみ方をご案内します!

鎌倉高校前駅は、観光で利用する場合は「駅自体を楽しむ」ことに特化しています。

周辺環境にショップやレストランなどはありません。

あるのは「海」です。

 

そんな鎌倉高校前駅の楽しみ方は…?

 

駅の中では、ベンチに座って外の景色を眺めたり、写真を撮ったりすることがおすすめです。

正面の七里ヶ浜の青い海、青い空をただ眺めているだけで、とてもゆったりとした時間を体験できるでしょう。

 

とにかく目が、癒されます。

(ただ、休日の昼間などは江ノ電が到着した瞬間、駅の人口密度がすごいことになります)

 

 

また、駅下車で2つの楽しみ方もご紹介します。

①目の前の海を散策する。

遮断機を越えたその先に広がる七里ヶ浜へすぐに降りることができるので、気軽に砂浜を散策してみてください。

ちなみに七里ヶ浜は遊泳禁止区域なので、夏場でも爽やかな海辺を歩くことができますよ。

駅を出たらすぐに海岸に降りる階段があります。

ですので、目の前の道路を越えたらもうそこは海なんです。

 

②有名な踏切と海の景色を写真に収める。

鎌倉駅前周辺は、数々の映画やドラマ、アニメの舞台ともなっています。

その中でも特に人気のあるスポットが、アニメ『スラムダンク』に登場する『鎌倉高校前一号踏切』でしょう。

 

鎌倉高校前駅を出て東方面に100メートルほど進んだところに鎌倉高校前一号踏切はあります。

いつもたくさんの人が写真を撮るために集まっているスポットで、作品の舞台になっただけでなく、景色の美しさも大きな魅力といえるのでしょう。

 

4.鎌倉高校前駅を写真でドドンとご紹介!

駅を降りたら、正面が海です。

……。

景色、良すぎて、ここちよさに目が溶けそうです。

 

無人駅なので、出入り口はICチップを利用します。

チケットの方はそのまま通り抜けましょう。

ちなみに朝など人の多い時間帯は、駅員さんがチケットの確認をしていますよ。

 

ちなみにこちらは東側の出口です。

西側は後でお見せしますね。

 

駅を出てすぐ振り返るとこんな景色。

目の前海からここは、海抜は10m以上あるんですね。

結構高いです。

ちなみに駅の裏手は共同墓地になっています。

 

 

駅を抜けてまっすぐ行くと、あの有名な遮断機があります。

遮断機なのに有名ってつけるのは、なんか不思議な感じがしますね。

 

入り口全景はこんな感じです。

古い感じが江ノ電駅の味わいを醸し出しています。

ぜひ、立て直しなどせずに、このままでいてほしいです。

 

さあ、駅に戻ってきました。

ベンチに座って、じーっと海を眺めている人がいますね。

実際座っていると、なんだか時間を忘れてしまいますよね、この場所って。

 

ゴミ箱も、なんか味があります。

駅を汚さないためにも、分別はきちんとしないとって思います。

 

何でもない自販機に見えるかもしれませんが、右手の下の部分を見てください。

『鎌倉高校前美術部』って書いてありますね!

美術部かよ!レベル高っ!!

 

横はどうなっているのかというと、こんな感じ。

見えにくいですが、道の先には江ノ電が走ってます。

デザイン、最高かよっ!

 

今度は、西側の出口の方に行ってみましょう。

こーんな感じで、信号で往来します。

 

目の前の海が眩しい!

 

脇を見ると、線路がずーっと続いています。

今度は正面にまわってみましょう。

 

下から見ると、駅の中がなにかの舞台セットのようにも見えてきませんか?

自然に作られているのでしょうけれど、それがとても美的なんですよね。

素敵です。

 

すきです。

(あ、すみません。ただの個人的感想が漏れてしまった)

 

字が薄れていますが「鉄道の日 第一回駅 100選駅 鎌倉高校前」と書かれています。

時間の経過があってもなお、鎌倉高校前駅の魅力は薄れないようですね。

 

ちなみに、夕景はこんな感じです。

なんだか、こころがじーんと染みいる感じがします。

 

 

さあ、いかがでしたでしょうか。

 

肩の力が抜けるような駅にゆったりします。

ただ立ち寄るだけなのに、気持ちがうきうきしてくる、そんな駅だと思います。

機会があれば、カメラやスマホをもって鎌倉高校前駅へぜひ行ってみてください。

観光は、色々まわって楽しむ方法もありますが、こういったところでのんびりと時間を過ごすというのも一つの選択かもしれません。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。