葛原岡神社|桜の宝庫である神社境内の景色を厳選してお見せします!

未分類








葛原岡神社は桜の宝庫!!

江のくん
江のくん
こんにちは。鎌倉散策大好きカモメの”江のくん”です。
ユイさん
ユイさん
こんにちは。カモメラウンジのサポーター、巫女のユイです。
よろしくおねがいします。

 

今回は、葛原岡神社の桜スポットをご紹介します。

 

桜ポイント!①坂道を上り切った先に、いきなり大量の桜が咲き誇る空間に出る感動

 

②お花見ができる広い空間が境内の側にある

 

③こもれびの広場は、桜を眺めながら休憩できるスペースが沢山ある

 

④鎌倉駅から徒歩圏内でありながら、銭洗弁財天や源氏山公園があり、自然散策をしながら桜スポットを堪能するのにちょうどよい位置に葛原岡神社はある

葛原岡神社の桜スポットを全部見せちゃいます!

葛原岡神社は、源氏山公園の近くにあります。

そして、鎌倉駅から歩いたら、銭洗い弁財天のある坂道をさらにのぼった先の神社です。

 

なので、山に咲く桜を見たければ、葛原岡神社とセットで源氏山公園、銭新井弁財天をセットで見ると、効率が良いです。

 

葛原岡神社で特に素晴らしいのは、境内に入る鳥居の手前の空間です。

坂道を上った先に、こんな景色が広がっているんですよ!

江のくん
江のくん
わーーーーー!すごい!
江のくん、この空間がすごく好きです!

桜の木が、道の左右に大きく咲き誇っている景色はなかなかの見ごたえです。

ここに来るまで、淡々と山道を登ってくるので、たどり着いたときに見られるこの景色は格別です!

ユイさん
ユイさん
とはいっても、坂道は登山というほどではないです。道もしっかりと舗装されているので心配はいりませんよ。

 

桜の下にはベンチやテーブル席のイスもしっかりあるので、ゆったりと桜を鑑賞することができるんです。

 

また、境内の脇道を見下ろしてみると、緩やかな坂になた緑の芝生が広がっています。

桜の囲まれながらのお花見ができます。

そこまで混雑する場所でもないので、結構穴場、かもしれません!

 

境内の側にあるこもれびの広場にもイスがいっぱいあります。

周辺散策の休憩所としても利用できます。

もちろんここからも桜を見ることはできますよ。

 

では、境内にも入ってみましょう。

 

水の流れる水路にも、桜の花びらが流れてきていますね。

ユイさん
ユイさん
とっても、きれいですよね。

 

入ってすぐのところにも桜の木があります。

 

合鎚稲荷社の春のお祭りもあります。

観光目的のものではありませんが、見学は自由にできます。

江のくん
江のくん
みやびですねー。
桜の木々の下に、神職の方々が歩かれると、なお神秘的な印象を受けました。

 

本殿の上にも桜の木があります。

 

境内に入ってしまうと、入り口ほどの桜の木があるわけではありません。

けれど、神社全体として調和のあるさくらの咲き方に見ごたえは十分といえます。

 

ちなみに江のくんは、毎年見に来ています。

JR鎌倉駅→銭新井弁財天→→葛原岡神社→源氏山公園→他の神社…

という流れが多いです。

 

鎌倉の桜は4月1週目に見ごろとなることが多いのですが、源氏山公園は他の地区より少しだけ咲くのがはやい、ような気がします。

 

いかがでしたでしょうか?

桜いっぱいの葛原岡神社に、みなさんもぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

山道を登った先の景色はすばらしいですよ♪

 

江のくん
江のくん
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。