逗子海岸|穏やかな海辺の空気を味わえる逗子海岸の魅力をご紹介いたします!

逗子・葉山








江のくん
江のくん
こんにちは。海大好きカモメの”江のくん”と申します。

 

今回ご紹介するのは逗子海岸です。

 

アクセスがよく、横須賀線で東京駅から一本、そして、湘南新宿ラインを使えば新宿から一本と、乗り換えなく1時間程度の乗車時間で行くことができます。

 

また、明治25年ごろより海水浴場として利用されており、昔から親しまれています。

 

ちなみに逗子海岸の海水浴は、ルールが厳しめであることで有名です。

酒やたばこの利用場所、バーベキューの禁止、音楽を鳴らすこと、入れ墨を見せないようにと、海水浴シーズンの規制は多岐にわたります。

こういったルールを嫌う方ももちろんいらっしゃるでしょうが、、そのおかげで「いかついお兄さん」などは少なめな、ファミリーも安心して利用できるビーチとなっております。

 

逗子海岸は、利用する方と利用に向かない方を分けることで、ビーチの安全性を守っているんですね。

 

今回は海水浴ではない、通常のシーズンの逗子海岸の様子をお見せいたします。

そして、逗子海岸の特徴とその魅力をご案内していきたいと思います。

 

目次

1.逗子海岸のアクセス、地図など

2.逗子海岸の特徴をざっくり説明します!

3.逗子海岸の実際の景色をご覧ください

4.逗子海岸の基本情報

5.まとめ|ゆったり派も、マリンスポーツ派も逗子海岸では満足な体験ができるはず!

 

1.逗子海岸のアクセス、地図など

アクセス:

■電車|最寄り駅はJR逗子駅と京浜急行新逗子駅です。

東京駅から:JR横須賀線で約60分
新宿駅から:JR湘南新宿ラインで約59分

 

※駅からは少し歩きます。

ただ、道は分かりやすく、シンボルロードに出てから、海までまっすぐ歩いてくるイメージです。

下記の地図をご参照ください。

 

■車|横浜横須賀道路逗子ICより葉山鎌倉方面に向かい、逗子新道を経由して約3Kmです。

 

地図:

 

2.逗子海岸の特徴をざっくり説明します!

①都心からのアクセスがいい

東京、新宿などから約1時間で逗子駅・新逗子駅に着くので、都内の人にも利用しやすい海岸です。

その割に自然が美しく、水平線の向こうには、天気がいいと江の島や、富士山も見えます。

 

②マリンスポーツがさかんです

逗子といえばウィンドサーフィンが有名ですが、ほかにもSUP(スタンドアップパドル)、カヤック、ディンキーヨットなど、楽しみ方は多岐にわたります。

また、マリンスポーツのスクールも多いです。

遠浅で波も穏やかなため、初心者の方でマリンスポーツをしてみたいなら、逗子海岸でスクールを体験するのもおすすめです!

③海水浴シーズンは混雑はしますが、ゆったりした雰囲気で楽しめます

海水浴シーズンは、海の家の店舗数が多く、どこもしっかりとしています。

ルールは多いですが、そのおかげでやんちゃな人や、いかつい人は少なめで、ファミリーでも安全で快適な海水浴を楽しめます。

 

④遠浅で波も穏やかで、水の透明度も高いです

泳ぎが苦手な方や小さなお子さんでも、安全に海水浴を楽しむ条件が整っています。

また、江の島側よりも水の透明度が高くきれいです。

 

⑤トイレにはシャワーや足洗い場が完備、ゴミ捨て場もあります!

江のくん的に、これはポイントでかいです!!

海に入った後の、体を洗う場所がきちんとあるっていうのは、本当に助かりますよ!!

しかもゴミ捨て場もあるので、安心して利用ができますね。

ちなみにトイレは複数あります。

 

3.逗子海岸の実際の景色をご覧ください

逗子海岸の目立つオブジェはやっぱりこれ!

石原慎太郎の「太陽の季節」の舞台となった逗子海岸。

 

ちなみに逗子海岸、キャッチフレーズがあるらしくて。

『太陽が生まれたハーフマイルドビーチ』

 

ダサい表現がレトロで、独特ですね!

 

海辺はマリンスポーツがかなり活発で、色々な種類のものが見られます。

 

けれど、砂浜も広く、テントをたてて、ゆったりしている方も多いです。

 

マリンスポーツ派も、砂浜でゆったり派も、どちらもいい感じに共存できているって、実は逗子海岸のすごさだなって思います。

 

んで、昆布が流れついているんですよね。

食べられるのかな、これ。

 

ちなみにトイレの設備もしっかりしていて、

足の洗い場もありますし、

 

シャワー設備も完備!

素晴らしい!!!

 

そして、トイレにはゴミ捨て場もきちんと完備されています。

場所が分かりやすくていいですね。

 

ちなみに海岸には、こんな感じでいろいろなものが落ちてます。

 

こちらはウィンドサーフィンが落ちているし、

 

こちらはSUP(スタンドアップパドル)のボードも落ちてます。

遠浅で波も穏やかだから、SUPするには絶好の場所ですよね。

初心者は逗子海岸から始めるのもいいと思います!

 

こちらはカヌー。

いやー、本当色々と落ちてますねー。

 

マリンスポーツの種類も豊富に楽しめます。

とはいえ、波が穏やかなので、サーファーはいないです。

そういうところが「太陽が生まれたハーフマイルドビーチ」といったところなのでしょうか。

 

と、キャッチフレーズをいじりすぎ感ありますが、どうしてこんなダサいキャッチフレーズが生まれたのかと思って調べてみました。

そしたら、テレビ東京の『出没!アド街ック天国』の番組で1998年5月の放送で作られたキャッチフレーズなのだそう。

うーん、時代の風を感じます。

 

学生服で海に遊びに来ているグループを発見。

学校のついでに逗子海岸とか、なにそれずるくない?

いいなー!

最高かよー!!

 

砂浜でごろーんてして本読んでいる人発見。

他にも、ただごろーんてしている人もいたるところにいます。

全体的にまったり感があるんですよねー。

 

ちなみに、ギラギラした活発な雰囲気の海が好きな方は、鎌倉の由比ガ浜の方が楽しめるかなあ。

 

ただ海を見て、ゆっくりできてしまう。

海って、不思議ですよね。

 

みんなそれぞれの過ごし方で楽しまれていますね。

逗子海岸は、そういう受け入れの幅が広い感じが魅力だなあと思います。

 

いっぱいおもちゃを散らかしているテントを発見です。

いろんな遊びができて、すごく楽しそうなアイテムがいっぱい転がってますね!

 

4.逗子海岸の基本情報

住所:〒249-0007 神奈川県逗子市新宿3

Tel:046-871-3850

 

海水浴の情報は、こちらの公式サイトをごらんください。

 

5.まとめ|ゆったり派も、マリンスポーツ派も逗子海岸では満足な体験ができるはず!

逗子海岸は、安心してゆったりとした時間が楽しめるところです。

ゆったりできますし、様々なマリンスポーツも楽しめます。

 

なんとなく優等生なイメージの海岸ですねー。

必要なものは完備されているし、景色もきれい、波も穏やか、水もきれい、安全。

 

みなさんが、思い思いの楽しみ方を逗子海岸でできます。

さすが、太陽が生まれたハーフマイルドビーチですね!

(うーん、やっぱりこのキャッチコピー、分かりにくいなあ)

 

江のくん
江のくん
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!