明月院【北鎌倉】|境内の魅力や歴史について簡単解説!

鎌倉のあじさい








江のくん
江のくん
こんにちは。鎌倉散策大好きカモメの”江のくん”です。
巫女のユイです。よろしくお願いいたします。
ユイさん
ユイさん

今回は、明月院の歴史や境内の魅力をお伝えしたいと思います!

 

明月院といえば、北鎌倉を代表するあじさいの鑑賞スポットのひとつです。

境内に咲くほとんどの紫陽花は「ヒメアジサイ」という品種。

その青さは「明月院ブルー」と呼ばれます。

 

そんなあじさいのイメージの強い明月院。

実は、春は梅や桜、秋は楓やモミジ、冬は蝋梅(ろうばい)と、一年を通して境内の自然を楽しむことができるお寺なのです。

 

また、明月院の歴史は古く、境内には本堂わきの丸窓(悟りの窓)や、鎌倉で一番大きなやぐらがあるなど、魅力的なスポットがたくさんあります!

 

本ページでは、明月院のおススメポイントを分かりやすくまとめました。

明月院の魅力を知っていただく機会になれば幸いです。

それではどうぞ、ご覧ください。

1.アクセス、参拝時間などの基本情報

基本情報

住所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189

電話番号:0467-24-3437

拝観時間:9:00~17:00

※【6月のみ】8:30~17:00

休業日:なし

入館料:大人500円 子供300円

駐車場:なし

 

アクセスと地図

■アクセス

JR横須賀線北鎌倉駅下車後、徒歩10分ほど。

線路沿いをまっすぐ進み、途中左手の道を左折してまっすぐ進めば明月院です。

 

■地図

 

2.明月院は6月に数千本のあじさいが咲き誇ります!

明月院といえば、毎年話題の、園内を覆う数千のあじさいで有名なお寺です。

きれいなあじさい!そして、観光に来られている方の数も、すごいですね!
ユイさん
ユイさん

 

そうなんです。

それだけに、混雑対策は必要となります。

もし梅雨時に紫陽花を見に行く予定がある方は、ぜひ下記の情報もご確認しておいてください。

【最新2019】明月院|紫陽花に∞行列!混雑回避の完全攻略ガイド

 

あじさいの時期は、お地蔵さまも明月院ブルーに染まります。

ブルーがとても鮮やかですてきですね。
ユイさん
ユイさん

また、絵馬も明月院ブルーのあじさいのイラストです。

明月院はとにかく紫陽花の数に圧倒されますね。

 

3.明月院の歴史について簡単解説

明月院の歴史を簡単解説!

1159年の平治の乱で戦死した山内首頭俊通を弔うために、その子経俊が創建した「名月庵」が、現在の明月院にいたるまでの始まりでした。

 

1380年に上杉憲方が禅興寺という名の寺院を興したときに、名月庵は名前を変え、「明月院」になりました。

そして明月院を、塔頭寺院としました。

 

しかし、明治初期に禅興寺は勢力を失い廃寺となってしまいます。

そのなかで、塔頭寺院である明月院だけは、廃寺を免れました。

 

太平洋戦争後は、参道を整備する杭が足りず、その代わりに紫陽花をたくさん植えました

現在の明月院の美しい紫陽花の庭は、ここからスタートしたのです。

 

江のくん
江のくん
明月院て、そんなに昔から存在していたお寺だったのか!すごいな。

宗派:臨済宗建長寺派

開山:密室守厳

開基:上杉憲方

本尊:聖観世音菩薩

創建年:【名月庵】1160年 【禅興寺】1268年頃

札所:鎌倉観音零場大三十番

4.明月院の境内の魅力をご案内します

ここからは、明月院の見どころをご紹介していきます。

なんと、全部で10項目もあります!

テンポよく、サクサクご紹介していきますよー!

 

①方丈(本堂)と方丈前の枯山水

方丈(本堂)は、境内の一番奥に位置しています。

(本堂の中は写真撮影禁止でした。)

 

また、方丈の正面には、枯山水があります。

なかなか見ごたえがありますよ!

 

②丸窓(悟りの窓)と奥の庭園

丸窓は別名「悟りの窓」とも呼ばれます。

じーっとみていると、気持ちが静まりますね。
ユイさん
ユイさん

混雑時は、丸窓を見るための行列ができることもあります。

 

また、丸窓の奥には「花ショウブ」と「紅葉」で有名な庭園があります。

見頃の時期には庭園解放されます。

なお、入場には別途大人500円が必要です。

 

【花ショウブ】

期間:5月下旬~6月上旬

 

【紅葉】

期間:11月下旬~12月上旬

 

③北条時頼墓所

境内の左手には、北条時頼廟があります。

北条時頼は五代鎌倉幕府執権です。

36歳の若さで亡くなりました。

 

また、その脇には、北条時頼の墓所もあります。

 

④開山堂

中には開山である密室守厳の木像が祀られています

茅葺き屋根のお堂は味があって素敵ですね。

 

 

⑤瓶の井

鎌倉十井のひとつ、「瓶ノ井(つるべのい)」があります。

 

鎌倉十井とは、水質の悪かった鎌倉の井戸で、おいしい水が飲めた井戸のことをいいます

明月院の鶴瓶の井は、内部が水がめのようなふくらみがあることから、そう呼ばれるようになりました。

 

⑥明月院やぐら

山肌に穴を掘った「やぐら」ですが、鎌倉の中では最大級の大きさをほこります

やぐらの中には、上杉慶方の墓とされる「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」が安置されています。

 

⑦ウサギ小屋とリスの餌置き場

境内奥の右手にあります。

昼間にウサギが過ごす場所として利用されています。

夕方には別の所にウサギは帰ってしまいます。

 

レトロな雰囲気が何とも味わい深いですね。

 

また、ウサギ小屋の正面には、リスの餌置き場もありました。

ちょうどリスがやってきて、餌を食べていましたよ。

 

ウサギにリス。
可愛いです!!
ユイさん
ユイさん

⑧月笑軒

お抹茶をいただける休憩処です。

抹茶以外にも各種ジュースもご用意されています。

 

⑨竹林

境内の右手には竹林があります。

中も通り抜けることができますよ!

 

竹林を歩くと、通り抜ける風が、笹の葉擦れでわかります。

とっても爽やかな気持ちになりますね。

 

江のくん
江のくん
こうやって見て行くと、本当に見どころがたくさんありますね。
あじさいや紅葉目的で来られた方も、明月院のことを知ることで、さらに自然の魅力に触れられるはずです。
ユイさん
ユイさん

5.まとめ|実は紫陽花以外も魅力的な境内

お寺としての歴史は古く、境内も見どころがたくさんあるのが明月院。

 

みなさんの参拝の仕方も様々。

 

お抹茶をいただきながら、静かに境内の景色を眺めてもよし、

 

季節ごとの草花を鑑賞するのもよし、

 

大きなやぐらを見ながら歴史の深さを味わうのもよし、

 

かわいいリスやウサギを見に来ることもよし!

 

アジサイや紅葉で有名ですが、歴史深い明月院の魅力を知ったうえで鑑賞すれば、より楽しみは深まるはずです。

 

江のくん
江のくん
最後まで見てくださって、ありがとうございました。
それにしても明月院の丸窓って、何度見てもまた見たくなるなあ。