江の島|辺津宮にある「稲荷社」「秋葉社」が1ページでわかります

江の島辞典








江のくん
江のくん
ここでは辺津宮にある「稲荷社・秋葉社」について、簡単にご紹介します。

 

稲荷社・秋葉社

 

1.稲荷社・秋葉社って、なに?

ご祭神

豊受気毘賣命(とようけひめのみこと)

【どんな神様?】⇒食物・穀物をつかさどる女神

 

火之迦具土神(ひのかぐづちのかみ)

【どんな神様?】⇒の神様

 

稲荷社・秋葉社について

辺津の宮の八坂神社の隣にあります。

 

江の島神社の末社で、

江戸時代に家事が多かったことから祀られたお社と伝えられています。

 

立札には「稲荷社」「秋葉社」とかかれており、秋葉稲荷・与三郎稲荷・漁護稲荷など、江の島に点在していた小祀を合祀したお社でもあります。

 

2.稲荷社・秋葉社を写真でご紹介します

江のくん
江のくん
合同社となっている「稲荷社」「秋葉社」を写真でお見せします。

 

①鳥居ごしの社

赤い鳥居が美しいですね。

合同社なので、社はひとつです。

 

扉はいつも閉められています。

中が気になるところ。