江の島|日本三大弁財天・江の島神社【奥津宮】の見どころについて

江の島辞典








江のくん
江のくん
奥津宮について、簡単にご紹介します。

 

 

1.江の島神社って、なに?

江島神社の始まり

江島神社の社伝によると、

552年に欽明天皇の神宣により、

竜穴に宮をたて、祭祀を行ったのが始まりなのだそうです

 

江のくん
江のくん
欽明天皇といえば聖徳太子よりも前の時代の天皇。
今からおよそ1470年以上も昔なのだそう。

 

江島神社の三宮について

江の島神社とは、「辺津宮」「中津宮」「奥津宮」三宮を総称した神社です

 

三宮の神様・辺津宮のご祭神

田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)

 

・中津宮のご祭神市

寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)

 

・奥津宮のご祭神

多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)

三宮の神様は、まとめて「宗像三女神」と呼ばれます。

 

宗像三女神は、日本神話の中にも登場します。

アマテラスとスサノオの誓約の時に、宗像三女神は生まれました。

 

また、江の島の宗像三女神は、

総称して「江島大神」とも呼ばれています。

 

江のくん
江のくん
江の島神社の参拝方法として、この三宮をまわることが一つの目的になります。

 

2.奥津宮って、なに?

は、宗像三女神のうちの一柱である多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)です。

 

江島神社のなかでは、

一番奥側にある社殿のため、三宮の中で一番参拝者は少なめです。

 

しかし、江の島神社の中で一番岩屋洞(龍神伝説の地)のある海に近いため、昔は「本宮」または御旅所(おたびじょ)と称されていました。

 

江のくん
江のくん
御旅所っていうのは、神様(みこし)が、巡行の途中で休憩する場所のことだよ。

 

そのため、岩屋本宮に海水が入り込んでしまう期間は、岩屋本宮のご本尊が、御旅所である現在の奥津宮に遷座したといわれています。

 

なので、三宮のなかでも重要な役割を果たしていた奥津宮は、とても豪華な社殿でした。

 

けれど、天保12年(1841年)に焼失してしまい、翌13年(1842年)に再建されたのが、現在の御社殿です。

 

昭和54年(1979年)に御屋根が修復、平成23年(2011年)には、本殿が170年ぶりに改修されました。

 

ちなみに奥津宮は、拝殿前までしか観光客は立ち入ることはできません。

本殿は、拝殿前より眺める形でのご参拝となります。

 

江のくん
江のくん
昔は豪華だった辺津の宮も、現在は一番地味め。でも、それが味わい深くて、逆に良かったりします。

 

3.奥津宮の見どころをご案内

江のくん
江のくん
ここからは、奥津宮の社殿の魅力にせまりたいと思います。

中津宮の拝殿について

①石鳥居と拝殿

奥津宮を表す鳥居の真正面に、拝殿と本殿が並んでいます。

 

②奥津宮の拝殿

拝殿のみためは渋く美しいです。

 

③拝殿前の狛犬

右側の狛犬です。

鼻の穴が、気になります。

 

こちらは左側の狛犬。

 

狛犬の全身は、こんな感じです。

足元に玉があり、中華風の狛犬感がありますね。

 

④拝殿の中

拝殿の奥には本殿が見えます。

参拝者が近づけるのはここまでです。

 

大きなへらに、弁財天と龍神の絵が描かれていることが印象的です。

 

⑤拝殿から見た本殿

本殿もなかなか立派なつくりをしています。

遠くからしか見ることができないので、目を凝らしてよく見るしかないですね。

 

⑥拝殿天井の絵画

拝殿を見上げると、天井にはカメの絵画があります。

 

解説文もありますが、ちょっとレトロで読みにくいかな。

なので、以下に八方睨みの亀についての解説を行います。

 

八方睨みの亀についてどこから見ても、自分の方を見ているように見える「八方睨みの亀」は、江戸時代の有名絵師である「酒井抱一」によって描かれたものです。

現在奥津宮の拝殿に飾られているのは、平成6年に「片岡華陽」によって模写されたもの。

実物は現在、江島神社の社務所に保管されています。

 

奥津宮周辺の見どころ

奥津宮は、見どころ自体はとても豊富なエリアです。

銅像や石など、地味めなものも多いですが、ここでは簡単にご紹介します。

 

①.源頼朝寄進の「石鳥居」

源頼朝が寄進したといわれている石鳥居です。

 

②.「龍宮(わだつみのみや)」について

奥津宮拝殿のすぐわきにある龍宮。

入口は龍の石像がド迫力で参拝者を見下ろします。

 

③「恋人の丘(龍恋の鐘)」について

恋人の丘にある龍恋の鐘を鳴らすと、恋愛成就のご利益があるといわれています。

 

④.「亀石」について

亀の甲羅の模様のような石。

実は奉納されてから200年以上が経過。

 

⑤.「力石」について

重さ320キログラムの重い石。

 

⑥.「山田検校顕座像」について 

琴の奏者である山田検校の姿を映しとった座像があります。

 

4.奥津宮の場所・地図

場所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目5

 

地図

江のくん
江のくん
三宮の中で一番奥にあるのが奥津宮。
けれど、島内は基本一本道なので、道なりに進めば到着します。