江ノ電|天気の良い3月の江ノ電の車窓は、もう夏の気配を感じました。

江ノ電駅🚃








「由比ガ浜⇒江の島」を江ノ電で移動した時の車窓が青くてきれいでした。

みなさん、こんにちは。

江ノ島大好きカモメの”江のくん”と申します。

 

今回は、天気が良かったので江ノ電乗り放題チケットの「のりおりくん」を使って、江ノ電に乗ってきました。

え?何のために乗ったかって?

 

それは、「江ノ電に乗るため」に乗ったんです!!

 

はい、ずこー!ってコケるところであって、引かないでくださいね、そこ。

いやいや江ノ電は、いうなればディズニーランドのアトラクションにある「ウエスタンリバー鉄道」に匹敵する面白さなんですから。

次から次へと景色が変化して、面白いんですから。

 

それで今回は、藤沢の方から由比ガ浜まで乗ったので、今度は由比ガ浜から江の島まで乗ることにしました。

 

今日は天気が良くて、海側の車窓があまりにもきれいだったので、何枚か写真撮りました。

 

今回は、見ていただいた方が車窓の景色にリラックスしてもらえたらいいなと思っています。

景色は変わり映えがないですが、それでも海と空の景色で画面が青いっぱいで、とてもすがすがしかったですよ。

 

ということで、スタートは由比ガ浜駅。

 

それにしても天気がいい!

3月なのに、今日は結構暖かいですね。

 

藤沢行きの江ノ電がやってきました。

ささ、乗り込みましょう!

 

最後尾に乗りました。

 

電車のレールに空の青さが映っていて、きれいだなと思って写真を撮ったのですが…。

その青さが、写真になかなかうまく映っていないかな。

 

そんな感じで、ぼーっと江ノ電の景色を眺めていて、長谷駅を越えたところから海が見え始めました。

 

その瞬間、周囲の何人かが、「おーーーっ」と、ちいさいけれど感嘆の声をもらしました。

 

たしかに、海が見えるとなんか、気持ちがぐっときますよね!

 

海の色が綺麗だったので、さっそくスマホで写真を一枚パシャリ。

 

すがすがしい空気に、横断歩道で信号待ちをしている人たちも、みんな笑顔でした。

おだやかな気分、ほわー…。

 

バイクに乗っている人も、気持ちが良さそうですね。

 

すると、反対側から自転車の人が走ってきました。

自転車だって気持ちいいですよねー。

 

オープンカーの車も走っていました。

 

今日は暖かいので、オープンカーだと海の香りをかぎながら走ることができて、気分が良いですよね、きっと。

 

そしてランニングの人も発見。

 

この道(国道134号線)を走ると気持ちがいいって、江のくんの友達もいっていました。

 

確かに気持ちよさそうですね。

うん。

わかります。

 

いつか江のくんも走ってみようかな。

いつか。

そう、いつかね。

 

あっ、江ノ島が見えますね!

あのシルエットが、えのくんはたまらなく好きです。

 

江のくん、江ノ島の中にしれっと巣を作って住みたいです。

 

さて、腰越が近づいてきたので、海の景色はそろそろおしまいです。

腰越では、江ノ電は路面電車に変身です!

江ノ電の運転手さんて、ここが一番大変なのかなと思うのですが、どうなのでしょう。

車が路面にはみ出していることが時々ありますもんね。

 

さあ、そうこうしているうちに、江ノ島駅に到着しました。

 

たくさんのひとが降りて行きます。

ぎゅうぎゅうだった江ノ電の人の半分以上が降りたっぽいですね。

 

江ノ島、すごいなあ。

 

最近は、江ノ電を降りてから江ノ島に向かう商店街が、どんどん様変わりしていって、新しいお店が増えていますよね。

 

バリエーションも豊富で、すごいです。

少し前は、人が多くてものんびりしていた雰囲気だったんですよね。

これからもっと変わって行くのかもしれませんね。

 

さいごまでご覧いただきまして、ありがとうございました。

それでは江のくんも、そのへんをぶらぶらしてきたいと思いまーす!

ばいばーい!