鎌倉乃フクロウの森|小町通りで見かけるフクロウのお店、その全貌が明らかに!

湘南観光スポット








江のくん
江のくん
こんにちは。鳥全般が大好きなカモメの”江のくん”と申します。
こんにちは。わたしは江のくんのサポーター、巫女のユイと申します。よろしくお願いいたします。
ユイさん
ユイさん

 

今回ご紹介するお店は、鎌倉の小町通りにあります「鎌倉乃フクロウの森」です。

 

小町通を通りかかったときに、フクロウに会える的な看板があって、「どういうこと?」と不思議に思われる方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、フクロウの森の店内を、余すことなくがっつりお見せしちゃいます。

 

江のくん
江のくん
それだけじゃなくて、どんな人がこのお店に向いているのかとか、楽しみ方のポイントもご案内します。
鎌倉小町通りとフクロウという組み合わせがちょっとイメージしにくいですね。一体どんなところなのか気になります。
ユイさん
ユイさん
江のくん
江のくん
それじゃあさっそくご案内しますね!

目次

1.鎌倉之フクロウの森の基本情報、アクセス、地図など

2.鎌倉之フクロウの森の初心者向けポイント解説

3.鎌倉之フクロウの森の店内の様子

4.鎌倉之フクロウの森のフクロウたちのストレスケアは?

5.まとめ|フクロウがこんなに癒し効果が高いなんて…!

 

1.鎌倉之フクロウの森の基本情報、アクセス、地図など

基本情報

住所:〒248-0006神奈川県鎌倉市小町2-10-1松喜屋小町ビル3F

Tel:非公開

営業時間:

10:00AM ~ 5:30PM(平日)
10:00AM ~ 6:30PM(土日祝日)

休業日:なし

専用駐車場:なし

入場料:大人:680円(13歳以上)
小人:480円(4歳~12歳、要保護者同伴)
3歳以下無料(要保護者同伴)
学割:580円(中・高校の修学旅行生)

 

【鎌倉乃フクロウの森公式サイト】

 

アクセス:鎌倉駅より徒歩3分ほど。

小町通りに入ってまっすぐ進むと右手にフクロウの看板が見えてきたら、そこが「フクロウの森」です。

 

地図:

2.鎌倉之フクロウの森の初心者向けポイント解説

お店の特徴ざっくりまとめ!

①触れられる生体を扱っているお店ですが、入店のルールが割とシンプルです。

②ゆったりと静かで薄暗い環境。実は結構、癒されます。

③お客さんの層は、カップル、ファミリーが多い印象。けれどひとり来ても問題ない雰囲気です。

④時間制限はないので、自分のペースで見て回ることができます。

⑤どのフクロウも、間近でみれるし触ることができます。

 

こんな人は、別なお店のほうがいいかも?

・テンション上げて、「楽しい!」って気持ちになりたい!

・そもそも鳥が苦手。

・フクロウを見る以外の楽しみが欲しい人

⇒(基本、フクロウがいるだけです)

 

お店の前ではフクロウの森のスタッフさんが呼び込みをしていることも。

江のくん
江のくん
わー!ちっちゃなフクロウがいるね。
かわいいな。

 

お店は3階です。エレベーターで昇ってみましょう!

 

エレベーターを降りると、すぐにお店の入り口があります。

なんだか薄暗くて、入りにくいかも。
入ってすぐ、フクロウに襲われたりなんてことは、ないですよね?
ユイさん
ユイさん
江のくん
江のくん
それは大丈夫!驚くほどフクロウはみんな、穏やかだよ。会ったらイメージがきっと変わるんじゃないかな。

 

入り口には注意書きが書かれています。

 

とはいえ、入店時にきちんと口頭で説明をしてもらえるので、読まなくても大丈夫です。

 

3.鎌倉之フクロウの森の店内の様子

入ったらすぐに入館料のお支払いと、館内説明を受けます。

・フクロウの触り方(手の裏で撫でる、頭から背中手前までなら触ってよい)

・写真撮影は可、けれどフラッシュは禁止です

・カメラを思いっきりフクロウに近づけ過ぎない

・通路は右回りに回る

・時間制限はなく、何周してもかまわない

・休日でも、午前中ならそこまで混雑しないようです。

 

このようなルールを説明されます。

 

そして、店内は、こんな感じでフクロウがいっぱいです!

えー!
あっちにも、こっちにもいますね!
普段見慣れないフクロウがこんなにいるなんて、不思議。
ユイさん
ユイさん

 

そして、写真右側のケージには、なぜかリスが一匹います!

 

エサあげ体験は1回100円で行えます。

リスがいるのは、薄暗い空間がリスにとってちょうどよい環境だからでしょうかね。

 

さて、ここで意外と気づきにくい丸得情報です!

なんと、フクロウを自分の手にのせる体験もできちゃうとのことです。

しかも無料です。

 

正し条件があります。それは、

 

・平日であること

・空いている(雨の日など)

 

この二条件が満たされていないとできません。

 

江のくんが行ったときは残念ながら休日なので、できませんでした。

 

そうそう、それお、店内のルールはもう一つあります。

それは、「ビギナー」と「休憩中」の二つの札についてです。

 

まず、「休憩中」です。

これは、フクロウがずっと人間相手をしていると疲れてしまうので、休憩をしていることを表す印です。

休憩中の札のフクロウは、そっとしてあげてくださいね。

 

そしてもう一つは「ビギナー」です。

これは、まだ来て間もないフクロウや、人間になれていないふくろうがつけています。

ビギナーさんのフクロウには、より優しく接してあげてください。

 

さあ、ではどんどん店内を進んでいきましょう。

こちらはちっちゃなフクロウさんです。

ゆっくり手を近づけても逃げずに、頭をなでなでさせてもらえました。

江のくん
江のくん
ちっちゃくて、とってもかわいいの!
確かに、大人しそうな子ですね。
ユイさん
ユイさん

 

看板に書かれている通り、ハリーポッターで有名なシロフクロウにも会えます!

 

ズドーンと大きいこちらのシロフクロウ。

けれど、静かで頭を撫でてもゆったりした雰囲気のまま。

毛が、ふかふかでした。

なんだか、難しいことを考えていそうな顔です。
だからフクロウは、知恵の象徴なんていわれるんですね。
ユイさん
ユイさん

 

こちらは、メンフクロウのサリーちゃんです。

スタッフさんによると、人間慣れしているので、フクロウの手乗せ体験をするときは、この子になることもあるそうです。

 

手を近づけると、じーっと手の方を見て、それからゆっくり首を近づけてくれました。

江のくん
江のくん
とっても賢い子なの!
なでなでしたら、喜んでくれたよ。
わたしも、なでなでしてみたくなってきちゃいました…。
ユイさん
ユイさん

 

江のくんはこのメンフクロウ、サリーさんにメロメロになりました!

 

気が付くとサリーさん、毛づくろいをしていました!

 

考えてみれば、動物園ではフクロウをこんな近くで見ることってできないですよね。

というか、フクロウの森ほど、フクロウに近づけるところって他にないかなと思います。

 

お客さんの比率として多いのは、小さいお子さん連れと、若いカップルという印象でした。

 

けれど、うっすら暗くて静かなフクロウの森。

ゆったりとした雰囲気があるので、ひとりでも全然問題ない感じがします。

 

お店の奥には休憩できる椅子も置かれていました。

ずっとぐるぐる回っていたら疲れちゃうので、ここでフクロウを眺めてゆったり休憩できるのはいいですね。

静かな空間で結構癒されます…。

 

また、売店は予想通りのフクロウグッズ。

どれもかわいいから、思わず買いたくなっちゃいますね!

 

4.鎌倉之フクロウの森のフクロウたちのストレスケアは?

生体を扱っているお店にくると、その生き物たちが環境になじめているのか、ストレスケアは大丈夫なのか気になる方もいらっしゃると思います。

 

なので、江のくん聞いてみました。

 

すると、店員さんは丁寧に教えてくれました。

 

・スタッフさんは、専門の知識を得るための学校を卒業している方がいる

・フクロウの疲れ具合を見ながら休憩をとれるよう気にかけている

・元々子供の時から人間に育てられた個体のみなので、人になれている

・本来は夜行性の動物であるフクロウだけれど、光の調整で、夜に眠れるようにできている

・お店の閉店後は、繋がれている足を解放して自由にする時間を作っている

 

また、個体ごとの特徴も把握されているようでした。

フクロウのいる場所も個々の特性に合わせているとのことです。

 

たとえば、写真のこのフクロウは、ビギナーマークを付けているのですが、実はフクロウの森に来てからそれなりに時間が経っています。

 

けれど、人なれしていないところもあるのだそうです。

なので、ビギナーマークを付けているそう。

 

そして、怖くならないように周囲が見わたせるように部屋の中央側に配置しているのだそうです。

 

江のくんがそっと手を頭に触れて見ると、閉じていた目が一瞬開いて、そして再び目が閉じられました。

江のくん
江のくん
うう、癒される…。

フクロウのストレスを考えると、もっと別の方法がないか、という意見もあると思います。

足の拘束もかわいそうという意見もあるかもしれません。

確かに、フクロウのストレスへのケアはとても重要なことだと江のくんも思います。

 

ただ、江のくんが見た印象だと、環境に適応できるように配慮されているような印象を受けました。

そして、利用者側も貴重な体験ができる場所だなと思います。

 

5.まとめ|フクロウがこんなに癒し効果が高いなんて…!

終始、フクロウの森のフクロウたちは、静かにたたずんでいるのです。

そして、触れるとゆっくりと目を開けて、そして閉じる。

触れた羽が、モフモフしていて、もう、癒し!

はじめは怖いイメージあったけれど、印象が変わりました。こんなに大人しいなんて。
ユイさん
ユイさん
江のくん
江のくん
そうなの。江のくんが行った時も、他のお客さんが「フクロウってこんな静かなんだ」っていっていました。

 

フクロウの森のフクロウたちは、穏やかな性格になるよう、愛情を持って育てられてたから静かなのかなと江のくんは思いました。

 

ちなみに店内はそこまで広くはないですが、たくさんのフクロウがいるので、満足度は高かったです。

 

貴重な経験ができるという意味で、鎌倉に来た行ってみたいスポットの候補に入れてもよいかもしれませんね。

 

また、系列店の豆柴カフェも、すぐ近くにあります。

豆柴カフェのレシートをもってフクロウの森に来ると、割引特典があります。

※残念ながらフクロウの森のレシートで、豆柴カフェが割引にはなりません。

鎌倉乃豆芝カフェ|走り回る豆芝ちゃんに癒される人が、鎌倉に続出中!

 

江のくん
江のくん
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。