江の島の湘南キャンドルがロマンティックに楽しめる理由を簡単解説

江の島観光・体験ガイド








江の島で秋に開催される「湘南キャンドル」。

キャンドル数は8000基と、日本最大級を誇り、とても幻想的な景色が見られます。

 

湘南キャンドルは、秋の湘南で一番ロマンティック&ムーディーな空間を味わ得る点で、他よりも群を抜いて優れているといわざるを得ません。

 

ですので、カップルのデートにはめちゃくちゃおススメのイベントとなっております。

 

ここでは、カップル同士で楽しむために知っておくべき情報を中心にお伝えいたします

 

江のくん
江のくん
もちろん、一人で行く方、友達同士で行く方にもおすすめな場所です。なぜなら…

 

うわー!キャンドルがめっちゃキラキラしてんじゃん!
ショウ君
ショウ君

そうなんです。

めっちゃキラキラで、きれいなんですっ!

 

だから、カップルたちだけに湘南キャンドルを見せておくなんてもったいないよ!

 

てか、彼ら彼女らは、自分たちの世界に入っていて周りを見ていないので、どなたにもおすすめしたいイベントですよ!

 

1.湘南キャンドルの期間やアクセスなどの詳細情報

湘南キャンドル2019年の開催期間

開催期間

10月18日(金)~11月4日(月・祝)

 

開催時間

17:00〜20:00(最終入場 19:30)

 

江のくん
江のくん
たった18日のイベントなんです。
ちょっと短いかな。

 

湘南キャンドル2019年の基本情報

お問い合わせ先:0466-22-4141(江ノ島電鉄株式会社)

会場:サムエルコッキング苑

料金:2種類の入場方法があります。

①サムエルコッキング苑内【大人200円・子供100円】

②サムエルコッキング苑+シーキャンドル【大人500円・子供250円】

注意事項:雨天・荒天時は中止となります

 

江の島への最寄駅について

江の島へ向かうには、3つの路線があります。

①江ノ島電鉄「江ノ島駅」下車後、徒歩約16分

(風情ある大人気電車。そのため混雑しがちです)

 

②小田急電鉄「片瀬江ノ島駅」下車後、徒歩約12分

(電車本数も多く、車内も快適。他の駅江の島まで近いです)

 

③湘南モノレール「湘南江ノ島駅」下車後、徒歩約17分

(宙づりの面白いモノレールです)

 

2.湘南キャンドルは、サムエルコッキング苑内で開催されます

湘南キャンドルの開催場所は、サムエルコッキング苑の中です。

サムエルコッキング苑は、江の島のエスカー(有料エスカレーター)を最後まで乗り継いだところにあります。

もちろんエスカーを使わず、階段をのぼって来ることもできますよ。

 

サムエルコッキング苑は有料で、大人は200円で入れます。

正直、中の美しさを見てしまえば、200円なんてめっちゃ安いです、マジで。

8000基のキャンドルの威力は、半端ないです、マジで。

 

江のくん
江のくん
キャンドルの美しさは、この後たっぷりとご案内いたします。



3.湘南キャンドルで楽しめることを紹介

サムエルコッキング苑内に入ると、至る所にキャンドルがまんべんなく並べられています。

その中でも、ここは見るべきポイントを4つに分けてご紹介したいと思います。

ここがポイント①入り口のキャンドルエリア

 

②道の脇に飾られたキャンドル飾りエリア

 

③赤いキャンドルに囲まれた「カップルシート」

 

④特殊なキャンドル飾り

①入り口のキャンドルエリア

江の島キャンドルは、入ってすぐの空間に大量にカラフルなキャンドルが並べられています。

入り口は人が溜まりがち、けれど見どころなんです。

なので、その美しさをたっぷりと堪能してから奥に向かいましょう。

 

地面にカメラを近づけて写真を撮るとこんな感じに。

 

江のくん
江のくん
もう本当、入り口からキャンドルの美しい世界にウットリです。

 

いろいろな色があるんだよな。青に、紫に、マリンブルー…、他にもたくさんあるね。
ショウ君
ショウ君

 

②道の脇に飾られたキャンドル飾りエリア

江の島キャンドルは、通路沿いにも見どころとなるキャンドルが詰まれたエリアがいくつもあります。

なので、ふときれいに積まれたキャンドルに足を止めて見入ってしまい、なかなか先にいけなかったりも。

 

夜の輝くたくさんのひかりは本当にきれいですね。

 

それがたくさんになると、こんな感じ。

目がキラキラしちゃうほどのキャンドルの光が、とってもロマンティック。

 

③赤いキャンドルに囲まれた「カップルシート」

3つめは、カップル向けの情報です。

入り口の近くで「カップルシート」に座っての写真撮影コーナーがあります。

もちろんそれなりに混んでいますが、せっかくですので並んで写真を撮ってもらいましょう♪

 

江のくん
江のくん
江の島のふたりの思い出に写真はかかせませんね!
赤いキャンドルがたくさん並んでいて、なんかとっても素敵な感じだね。
ショウ君
ショウ君

 

④特殊なキャンドル飾り

こちらは木に吊るされたキャンドル。

 

そしてこちらは、湾曲する木々に取り付けられたキャンドル。

 

丸いガラス玉の中に入っているのもキャンドル。

ずいぶん違った印象のキャンドル飾り。

見ていて飽きさせない工夫が随所に見られ、気がつくとあっという間にすてきな時間が過ぎていきます。

 

4.湘南キャンドルをスムーズに楽しむための㊙情報

ムーディーな湘南キャンドルも、スムーズに利用できたほうがその魅力を実感できるものです。

なので、おススメの休憩場所や、入場チケットの選び方など、知っておくと便利な情報をご紹介いたします。

おススメの情報!①シーキャンドルは混雑しやすいことを理解して予定を組む

 

②土日はほぼイベントが行われているので、事前チェックがおススメ

 

③休憩場所は、シーキャンドル2階が最高にムーディーでおススメです

 

④小腹がすいたら、夜の「ロンカフェ」という選択も…?

 

①サムエルコッキング苑の入苑チケットは2種類あります。

サムエルコッキング苑の入場チケットは、

・サムエルコッキング苑のみ(大人200円)

・サムエルコッキング苑+シーキャンドル(大人500円)

この2種類のチケットのどちらかを選ぶ必要があります。

 

シーキャンドルとは、江の島の展望灯台のことをさします。

 

シーキャンドルにのぼった先からは、美しい江の島周辺の景色を一望することができます。

けれど、祝日に江の島に行った方は、ほぼ確実に待ち時間が必要となります。

(平日でも、待ち時間があるのは割と普通です。)

 

江のくん
江のくん
シーキャンドルの待ち時間は、写真の通り入り口に表示されています。これを参考にしてみてください。

 

入苑するチケットの選び方ですが、

時間があるなら、シーキャンドルにものぼれるチケットにして、

待つのがいやならサムエルコッキング苑内のみとするのもありでしょう。

 

たぶん、サムエルコッキング苑内だけじゃ物足りないということはないと思います。

それだけ、湘南キャンドル自体が見ごたえありです

これで入苑料が200円は、正直激安です。

 

②土日はほぼイベントが行われているので、事前チェックがおススメ

サムエルコッキング苑の奥側、シーキャンドルの前の会場では、演奏会や湘南の音楽と写真のスライドショーなどが行われています。

 

江のくん
江のくん
江のくんが行ったときは、スライドショーで、湘南の海辺の写真を中心に、癒される音楽が流れていました。

屋外の開放的な夜の中、キャンドルに囲まれて見るスライドショーは、本当に癒されまくりです。

 

2019年のイベント予定イベントは18:00からスタート
10/19(土)阿尾茂毅
10/20(日)市川紀元スライドショー
10/22(火・祝)松井貴志
10/26(土)・27(日)市川紀元スライドショー
11/2(土)エミユラフ
11/3(日)ChiyoTia

 

イベントは土日が中心ですので、その分混雑はしますがおススメのラインナップとなっております。

 

③休憩場所は、シーキャンドル2階が最高にムーディーでおススメです

サムエルコッキング苑内は、シーキャンドル周辺に休憩できるスペースが集まっています。

その中でも、シーキャンドルの2階は、屋外ラウンジのようなつくりになっています。

ムーディーで大人の空間は、大切な方と一緒に過ごすのに最適です。

 

下を見下ろすと、湘南キャンドルの景色が見わたせるのもいいですね。

とってもロマンティックな雰囲気を味わえます。

 

④小腹がすいたら、夜の「ロンカフェ」という選択も…?

サムエルコッキング苑内にあるロンカフェ。

パンケーキを日本で最初に行ったお店として有名ですが、店内の雰囲気がとってもおしゃれ。

 

こちらも湘南キャンドルのもつ、ロマンティックな雰囲気の延長線上にあるお店です。

特にカップルで来ている方には、おススメの休憩場所となっております。

 

江のくん
江のくん
休日だと、多少待ち時間も必要になるかな。
けれど、ものすごく混雑するって程でもない印象です。



5.まとめ|秋の湘南をロマンティックに楽しむなら、湘南キャンドルです!

湘南キャンドルの様子はいかがでしたでしょうか。

正直、カップル率めちゃくちゃ高いんです。

けれど、そういうの関係なく、どの方でもキャンドルの魅力はわかるんじゃないかって思うほど、本当にうつくしい。

 

最後に、見どころをもう一度おさらいしますね。

見どころは4つ!①入り口のキャンドルエリア

 

②道の脇に飾られたキャンドル飾りエリア

 

③赤いキャンドルに囲まれた「カップルシート」

 

④特殊なキャンドル飾り

 

これほどロマンティックな秋のイベントは、他ではなかなかないのではないかと思います。

秋のロマンを体験するなら、江の島の「湘南キャンドル」が超絶おススメです!