江ノ電始発駅にある「小田急百貨店」改装途中の記録

湘南藤沢の生活








どうも、こんにちは。

カモメなのに花粉症で鼻水が流れまくりの”えのくん”と申します。

 

鳥なのに藤沢市民権をもっているえのくんですが、今回は小田急の生まれ変わる途中の様子をご報告しようと思います。

小田急藤沢店といえば、江ノ電の始発駅の乗り場でもあります。

江ノ電で藤沢を利用されたことのある方は、あー、あの、百貨店の入り口を通り抜けて江ノ電の駅があるんだよね、という印象があるかと思います。

そんな小田急百貨店の今はこんな感じ。

正面に「湘南GATE」の看板がかかり、その階の色だけが白くなっています。

外観は変わらず色を塗りかえて看板を変えるだけになってしまう気配が…。

建物は割と古くなってきているので、改装でどこまで生まれ変わるのか楽しみです。

 

入り口はこんな感じ。

自動ドアの上には「湘南GATE」という看板が。

 

準備は着々と進んでいるのでしょうね。

現在中がどうなっているのか気になるなあ。

 

ちなみに、このドアの右手脇に進んでいくと江ノ電の乗り場があります。

 

ちなみに小田急百貨店は、生まれ変わったら「ODAKYU湘南GATE」と名前を変えて生まれ変わります。

 

ちなみに今までは、小田急の百貨店てお金持ちの人のお店だと思っているので、えのくんの収入ではとてもとても、と思いながらいつも脇道を通って江ノ電にのるだけの「道」にしていました。

 

けれど、生まれ変わった小田急百貨はなんと、6階に藤沢市南市民”図書館”と市民ギャラリーが入るらしいのです!!これは、一気に改装後に期待を胸膨らませている状態なのです。

 

ちなみに藤沢駅の周辺の図書館事情なのですが、今までは南口から割と図書館までは距離が離れていました。

そしてその図書館は建物が少し古めなのです。

古いながらもマンガやCD、雑誌が置かれていたり、あと自習室も完備されているので、機能としてはとても魅力的なんですけれどね。

でも、やっぱり距離って重要です。

ぶちゃけ、不便。

 

なので、藤沢=図書館が不便、というイメージでずっといました。

 

そんな藤沢が、駅前に図書館できる!?うーん、正直嬉しすぎる!!

というか、嬉しすぎてちょっとまだ信じられないです。

 

でも、広報藤沢にものっていたので、きっと間違いなく素敵な図書館がオープンするはず!

 

オープンは3月22日(金)とのこと。

 

その日は間違いなくいく飛んで行くと思います!

 

というか、図書館がどんな様子なのか知りたい。

ぬか喜びさせてくれるなよ、とえのくんは怯えながら3月22日を待つのでした。

 

ちなみに江ノ電乗り場は変わった様子無いです。

 

江ノ電グッズショップも変わりなく営業中。

お店が全体的に緑がかってみえる。

商品が緑だからですよね、これって。

 

壁に描かれたイラストが素敵なので、写真をパシャリ。

なの花がとってもきれいです。

江ノ電もかわいいなあ。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。