江の島|「オリンピック記念噴水池」とその周辺についてわかります

江の島辞典








江のくん
江のくん
オリンピック記念噴水池とその周辺について、簡単にご紹介します。

 

 

1.オリンピック記念噴水池って、なに?

オリンピック噴水池とは、

1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催を記念してつくられた噴水池です。

 

噴水が完成したのは2000年(平成12年)。

 

噴水には、中央に弁財天

そして、弁財天の周辺に4体の東洋・西洋の女性像が配されています

 

制作したのは、

晩年を藤沢で過ごした彫刻家故加藤顕清さん。

 

噴水池のある一帯は「北緑地広場」と呼ばれています

ちょうど、上の地図の「現在地」と書かれた辺りにあります

 

この北緑地広場は、江の島東浜の前。

なので、海沿いに立てば、

対岸にある国道沿いの建物や、海上でヨットやSUPなどが行われている景色を眺めることができます。

 

そして、噴水池の先には遊歩道があり、

ウッドデッキのベンチに座って、

うつくしい景色を眺めることもできます。

 

2.オリンピック記念噴水池とその周辺の見どころをご案内

オリンピック記念噴水周辺は、

以下の五つの場所が観光に関係するポイントとなります。

 

①オリンピック記念噴水池

②お手洗い

③駐車場

④藤棚の休憩スペース

⑤東浜沿いの遊歩道

 

江のくん
江のくん
それでは一か所ずつ、写真で簡単なご案内していきますね。

 

①オリンピック記念噴水池

景観になじんでいるので、

そのまま気づかれずに通り過ぎてしまう人多数です。

 

中央が弁財天様なのは、江の島らしくていいですね。

 

②お手洗い

噴水池のすぐ近くにあるお手洗いです。

 

江の島観光でも、

神社に向かう前に利用する場合も、いい位置にあります。

 

③駐車場

噴水池のすぐ脇に、駐車場があります。

 

江の島島内の駐車場の中でも、

出入り口に近く、

料金も比較的良心的。

 

利用するのに結構おススメです。

 

④藤棚の休憩スペース

5月に美しい藤の花を咲かせる藤棚。

お手洗いよりも道路沿いにあります。

 

手前は自転車の駐車スペースにもなっています。

 

ちなみに写真を撮ったのは8月。

なので、藤の葉が青々と茂っています。

 

⑤東浜沿いの遊歩道

江の島の中でも、ゆったり海を眺めるのにおすすめの穴場スポットです。

 

遊歩道は、オリンピック噴水池の裏手からつながっています。

 

釣りをしたり、

ただベンチに座って休憩していたり。

 

写真の奥側を見ると、

セーリングの帆がたなびいていて爽やかですね。

 

人も少ないので、海を眺めながらのんびりした時間を過ごせます。

 

対岸の景色。

東浜の辺りを一望できます。

 

遊歩道の奥には、屋外カフェが併設されています。

 

かなりの穴場で、

みんな知らない場所かなと思います。

 

3.オリンピック記念噴水池の場所・地図

場所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島1丁目12−3

 

地図

江のくん
江のくん
橋を渡って江の島に入ったら、すぐに左手の辺りにお手洗いや噴水が見えてきます。