江の島|恋人たちよ、鐘をならせ!永遠の愛を誓いあうなら「恋人の丘」へ!

江ノ島周辺








江の島大好きカモメの“えのくん”と申します

 

そして今回は、恋の話です。

 

皆さんには恋人はいらっしゃいますか?

その方と永遠の恋が結ばれたいですか?

 

結ばれたいなら、江の島へ渡り、鐘を鳴らすというのはどうでしょうか。

「恋人の丘」にある「竜恋の鐘」を恋人と一緒にならせば、その二人は別れることがないという話があります。

 

今回はそんな、永遠の愛を誓いあう江の島の「竜恋の鐘」がある「恋人の丘」についてご紹介します。

 

ちなみに恋人の丘という名前ですが、恋人じゃなく友達同士や親子でも散策してます。

丘の一角に龍恋の鐘がある感じです。

なので、単純に散策目的で行かれるのもありですよ。

 

ということで今回は、恋人の丘の場所や行き方だけでなく、愛の誓い方までじゃんじゃんご紹介いたします。

 

ではさっそく、ご覧ください。

 

目次

1.江の島恋人の丘の魅力はここっ!

2.江の島恋人の丘は、恋人以外にも散策してほしい素敵なスポット!

3.江の島恋人の丘で、「竜恋の鐘」をならす方法

4.江の島恋人の丘に恋人同士て江の島に来た人へ、おすすめスポットを紹介!

5.江の島恋人の丘のまとめ

 

1.江の島恋人の丘の魅力はここっ!

①恋人やご夫婦で鐘を鳴らす楽しみがあり、そこから見られる海の景色がきれいでロマンチック!

②南京錠で、お互いの愛を固く結ぶこともできます。

③散策する道は江ノ島のきれいな自然道を歩くため、すがすがしい気持ちになります

 

2.江の島恋人の丘は、恋人以外にも散策してほしい素敵なスポット!

恋人の丘、なんて名前が付いていると、恋人以外は行かないんじゃないのかって思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれど、恋人ばかりが集まる場所、というわけでないんです。

自然が綺麗な散策路でもありますので、恋人どうしかどうかは関係なく散策してみることをお勧めします。

 

さて、こちらが入り口です。

案内板がありますので、見てみましょう!

 

看板には「江ノ島龍野ヶ岡自然の森」と書かれています。

うーん、恋人の丘、とニュアンスがぶつかり合っている感もありますかねー?

 

つまり、自然の森の中に、恋人の丘がある、ということなのかなと思います。

 

自然の森の奥に進んでいくと、こんな感じで「龍恋の鐘」の看板がありました!

 

ちなみに途中でスミレが咲いていたので写真をパシャリ。

手書きで「タチツボスミレが開花しました」と書かれていますね。

こういう立札があるのって、なんだか丁寧でありがたいです。

 

こんな感じで、ひとりで散策するもよし、家族で散策するもよし、といった雰囲気です。

 

3.江の島恋人の丘で、「竜恋の鐘」をならす方法

さて、では龍恋の鐘の方へ行ってみましょう!

「んんっ!?」

 

「なんじゃ、こりゃ!?」

なんか、フェンスに色々なものがくっついておる!!

 

実はこれ、「南京錠」なんです。

龍恋の鐘は、鐘を鳴らすことで永遠の愛を誓いあい、また、南京錠をここにつけることで、二人の愛も鍵のように開かなくなる=誓いあうことができるのです。

 

こんな感じで、恋人の丘の入り口では、専用の南京錠が売っています。

ちなみに映画「ひだまりの彼女」という作品で、この場所が舞台となりました。

映画を見たことのある人は、映画のシーンのように成りきって、カギをつけてみてもいいかもしれませんね!

 

では、龍恋の鐘を鳴らしてみましょう!

正面には水平線が広がっている絶好のロケーションです。

ロマンチックですね!

 

ちょっと照れちゃうかもしれませんが、こういう時に「一緒にいてくれて、ありがとう」とか「ずっと二人でいようね」とか、言葉をかけあってみるのはどうでしょう。

普段はなかなか照れてしまうけれど、こういう時くらいはロマンチックな気持ちになってもいいですよね?

 

そして、鐘の下には「江島縁起」と呼ばれる、古くから江の島に伝わる物語が記されています。

ざっくりいうと「悪い竜が天女に惚れて、良い龍になろうと頑張ったら結ばれた」という話です。

おお、ざっくりすぎたかも?

とにかく、江の島に伝わる伝説の物語は恋の話なのです。

だからここでも、その愛の物語にちなんで「龍恋の鐘」がつくられたんでしょうね。

 

こちらが鐘です。

なかなか良い感じに音が響きますよ!

 

さて、鐘を鳴らしたら、南京錠を取り付けるのもやってみましょう!

って、びっちり埋まっていて鍵が取り付けられないやないですか。

 

んー、それにしてもみなさんお熱いですね。

「ずっと一緒、幸せにあなりますように」とか、あまーーーーい!!

 

って、これ南京錠じゃないじゃん!?

自由だなあ。

 

こんな感じで、愛にあふれる金網がすごいことに。

まあ、愛があるのはいいことですね。

 

みんな幸せになってしまえばいいよ。

 

ただね、幸せは黙ってやってくるもんじゃないんだよ。

 

お互いが、お互いのことをきちんと大切に思い続けようという意志が、必要なんだと思うんだよ…(ぼそっ

 

4.江の島竜恋人の丘に恋人同士て江の島に来た人へ、おすすめスポットを紹介!

恋人の丘はそれほど広い区域ではないので、これだけのために江の島に来るのはもったいないですね。

江ノ島は本当に楽しいの詰め合わせです。

今回は、恋人同士で楽しむことを想定したおすすめスポットをご紹介します。

 

①結びの木

八坂神社の前にある結びの木は、縁結びのスポットです。

恋愛成熟の絵馬がかけられる場所があります。

成熟した愛をさらにさらに深めるのもいいかもしれません。

 

②サムエルコッキング園・江ノ島展望台(シーキャンドル)

恋人同士のド定番といえばここ!

サムエルコッキング園はきれいなお庭を散策できます。

また、展望台からは江の島で一番高い位置から全体を一望できます。

入園料はかかりますが、なかなか広さがあるためおススメです。

 

③稚児が淵

江ノ島を奥まで歩いて行くと、稚児が淵と呼ばれる岩場に出ます。

ふたりでのんびり散策するもよし、岩場に座ってゆっくり話をするのもよし。

特に夕方の日が沈む時間は本当にロマンチックです。

そこに言葉はいらなくて、みんな黙って夕日をじっと見ています。

 

④江ノ島アイランドスパ

江ノ島の入り口にある温泉スパ施設。

江ノ島にきてスパ?と思われるかもしれませんが、スパ施設はとてもオシャンティーです。

温水プールから、窓越しではなく直接外の景色を見渡すことができます。

リゾート気分に浸りたいならここです。

ちなみに、個人的に思うのが更衣室のゴージャスさが異常ということ。

王族の更衣室かよ!と突っ込みたくなるくらいのゴージャスさ。

素敵です。

 

⑤そのほか

あさひ本店で「たこせん」を買って食べるののはどうでしょうか。

大きすぎてひとりでは食べきれない!

なので、ふたりで分けて食べればちょうどよいサイズに♪

 

そして、売店で「湘南サイダー」を一緒に飲んで、湘南気分に浸ってみるなんてどうでしょうか。

サイダーのきれいなブルーがとてもきれいです。

湘南サイダーはいろいろな売店に売っています。

分かりやすいところでは、江の島の仲見世通りをぬけて神社に向かう階段の手前の左手に、飲み物を中心に売っているお店があります。

サイダー以外も豊富なので、のどが乾いたらそこがおススメです。

 

こんな感じの湘南サイダー。

やすらぎブルー!!

 

5.江の島恋人の丘のまとめ

このように、江の島の自然を見られる場所のひとつでもありながら、恋人同士で行くにも格好の場所となっております。

また、恋人の丘以外にも、江の島は恋にまつわるご利益のある絵馬やお守りもありますので、恋をかなえたい人から、今ある恋を確認し合ってもよし、永遠の愛を誓いあうのもよし、いろいろな恋のパワーをもらいにいてみてください。

 

ちなみにえのくんは、江の島が好きすぎるので、もう江の島と結ばれたいです。

「I LOVE 江の島!!」というTシャツを着るだけじゃ、物足りない!

 

えのくんはカモメですが、もう江の島の側から離れたくないです。

というか、もはや江の島に移住したい。

巣をつくっちゃいたい。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。