江の島|辺津宮にある「八坂神社」について1ページで簡単にわかります

江の島辞典








江のくん
江のくん
ここでは辺津宮にある「八坂神社」について、簡単にご紹介します。

 

 

1.八坂神社って、なに?

ご祭神

建早須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

江のくん
江のくん
天照大神の弟神で、疫病をはじめ、様々な厄災を祓う神様として信仰されています。

 

御神体

須佐之男命の木像

 

八坂神社

辺津宮境内にある「八坂神社」は、

江戸時代は天王社として祀られていました。

その後、弘化元年(1844年)に再建され、明治6年(1873年)に「八坂神社」として改称されました。

現在の社殿は、平成14年(2001)に新しく改築されたものです。

 

2.例祭「江の島天王祭」について

八坂神社の例祭は「江の島天王祭」と呼ばれています。

 

その昔、江の島の漁師が江の島の海で漁をしていた時、岩屋沖に沈む須佐之男命の御神像を引きあげました。

引きあげた御神像は、もともと腰越の小動岬で祀られていたものでしたが、江の島に祀られることとなりました。

そこから、八坂神社と、腰越の小動神社の神輿が、海上渡御を行う祭りが行われるようになりました。

 

毎年7月14日に近い日曜日に海上渡御が行われます

そして、1982年に「かながわのまつり50選」にも制定されました。

 

八坂神社についてやお祭りの詳細は、公式ホームページでも解説されています

こちらから見ることができますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

3.八坂神社を写真でご紹介します。

江のくん
江のくん
八坂神社を写真でご紹介いたします。

①八坂神社社殿

八坂神社の社殿です。

 

来られた方は、辺津宮を見て満足し、そのまま通り過ぎてしまいがちです。

けれど、小さいながらもなかなか立派な社殿なんです。

 

江のくん
江のくん
それに、ご祭神のスサノオノミコトは、天照大神の弟で、とても力の強い神様なんだよ。

 

②八坂神社の狛犬

こちらは右側の狛犬です。

爽やかなお顔が特徴。

 

そして、左側の狛犬ですが…。

お顔にしろいシミができていますね。

なぜ左側だけ??

 

③社殿の中

社殿の中には、鏡が祀られているのが見えます。

 

御神体である須佐之男命の木像は、

扉の奥にあるのでしょうか。