【2019】長谷の灯り|甘縄神明宮のライトアップをご紹介します。

鎌倉の季節行事








本記事では、

8か所ある長谷の灯りのうち、

「甘縄神明宮」についてご紹介いたします。

 

1.長谷の灯りとは

鎌倉の「長谷」「極楽寺」周辺の8つの寺院・施設がライトアップされるイベントです。

 

開催期間

日程:2019年8月19日(月)~25日(日)

時間:18:30~20:30

(各会場の最終入場は20:00)

 

【注意】雨天時・荒天時は開催が中止となる場合もあります。

 

江のくん
江のくん
ちなみに、完全に暗くなるのは19:00頃かな。

 

また、長谷の灯り8か所すべての情報もまとめました。

どうぞ、【こちら】からご覧ください。

 

2.甘縄神明宮の詳細情報

住所:〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1丁目12−1

問い合わせ先:0466-24-2715(鎌倉長谷の灯り実行委員会 事務局)

アクセス:江ノ電長谷駅より徒歩5分ほど

拝観料:無料(志納)

祭神:天照大神

甘縄神明宮ポイント

・鎌倉で一番古い神社で、創建は奈良時代

・長谷の鎮守

・近くには川端康成の邸宅あり、小説「山の音」で甘縄神明宮が登場

3.甘縄神明宮・体験レポート!

規模はそれほど大きくなく、

サッと見るなら10分程度で見ることもできます。

 

けれど、せっかくなら時間にゆとりをもって、

神秘的な神社の夜の空気を感じるのがおススメです。

 

江のくん
江のくん
見どころは、甘縄神明宮らしい「上品さ」を感じるライトアップですね。

 

入り口には「甘縄神明宮」の文字がライトアップされています。

 

中に入ると、階段一直線に明かりが灯っています。

江のくん
江のくん
神秘的だな…。

 

一番のビューポイントは、入ってすぐのこの場所。

一直線に伸びる光の道は印象大です。

 

夜を照らす、ちょうちんの青白い光。

 

 

手水舎もライトアップされています。

 

いつもと違う神社の雰囲気に、

なんだか心が清められる感じが。

 

階段の灯りは、

手すりに吊るされています。

 

階段をのぼっていると、

辺りは静か。

 

その隙間をぬうように、

虫の音や、

風の音が聞こえてきます。

 

階段をのぼりきると、

本堂も灯りが灯っていました。

 

江のくん
江のくん
青みのあるライトが、凛とした雰囲気を感じさせます。

 

夜の参拝は、

なんだか気持ちが静まります。

 

もと来た道を振り返ると、

道に光が灯っていて、これもまたうつくしいですね。



4.まとめ|一直線に伸びる光が神秘的

昼間とはまた違った表情を見せる甘縄神明宮。

 

青いライトアップが、

上品でとても神秘的です。

 

階段をのぼった本堂からは、

長谷とその奥の由比ヶ浜まで見渡せる絶景。

 

甘縄神明宮のライトアップでは、

鎌倉らしい凛とした空気を感じることができるのではないでしょうか。

 

江のくん
江のくん
暗いから、階段で足を滑らさないようにご注意くださいね。