ぼんぼり祭り2019|鎌倉鶴岡八幡宮に、エヴァやモヨコが大集結

鎌倉の季節行事








鎌倉の鶴岡八幡宮で毎年行われるぼんぼり祭りは、鎌倉の夏の風物詩となっております。

沢山の絵が浮かび上がるぼんぼりは、夏の夜を幻想的な舞台に仕立て上げます。

 

2019年度の開催期間は、以下の通りです。

2019年08月07日(水)
2019年08月08日(木)
2019年08月09日(金)

ぼんぼり祭りのみどころは、やっぱりぼんぼりに描かれた絵の魅力!

ということで、当サイトでは2019年のぼんぼり祭りで飾られていた作品をいくつかピックアップしてご紹介していきます

 

江のくん
江のくん
個人的に特に見れてうれしかった「エヴァ」や「安野モヨコ(百葉子)」作品もご用意しています。
そういえば江のくん、安野モヨコさん大好きカモメだもんね。
ユイさん
ユイさん

 

文化的なお祭りなので、しっとりとした風情を好む方にはもってこいのイベント

けれど、たくさんの屋台や、ワイワイした祭りを期待していくと、「あれ、地味?」って思ちゃうのでご注意ください。

 

 

1.ぼんぼり祭りについて簡単解説

ぼんぼり祭りは、毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間行われるお祭りです。

①立秋の前日は、夏の祓いとして「夏越祭

②立秋当日は、暦の上での秋の訪れをまつる「立秋祭

③9日は、源実朝公の誕生日を記念しての「実朝祭

日によって行われる内容が変わりますが、ぼんぼりはすべての日に飾られていますので、底まで気にしなくても大丈夫です。

 

境内には、鎌倉在住の文化人や、各界の著名人の書画が、ぼんぼりとして灯されます。

その数は約400点ほどにのぼり、鶴岡八幡宮の参道に並びます。

 

日中も鑑賞できますが、やはり見どころは夜。

火の灯されたぼんぼりはとても幽玄な雰囲気で、しっとりとした夏の夜を過ごすことができます。

 

2.ぼんぼり祭りの境内の様子

会場は鶴岡八幡宮境内で行われます。

ここでは、八幡宮前の段葛から、境内の参道に並ぶぼんぼりの様子をご紹介いたします。

 

若宮王子の段葛です。

鎌倉駅から歩いてきますが、この辺りは人も少ないですね。

 

段葛沿いにあるハトサブレのお店「豊島屋本店」前には、ぼんぼりが飾られていました。

ほかにも、小町通りをはじめ、様々な場所にぼんぼりが飾られています。

江のくん
江のくん
とはいっても、数は少なめです。
やっぱり鶴岡八幡宮の中がすごいですね。

 

会場である鶴岡八幡宮に到着しました。

あらあら。
会場はとってもにぎわっていますね。
ユイさん
ユイさん

 

境内の奥に進むと、参道沿いにぼんぼりがならんでいました!

江のくん
江のくん
わー♪
とっても風情があります!そして、人も多いなあ。

 

ぼんぼりにはいろいろな書画が描かれています。

そして、奥には屋台もいくつか出ていますね。

 

書画と屋台については、のちほど別項目にてご紹介しますね。

 

境内の奥までどんどん進んでいくと、ずーっと奥までぼんぼりは続いています。

さすが400点ほどのぼんぼり。

とっても見ごたえがありますね。

 

舞殿では、能がとりおこなわれていました。

さすが鶴岡八幡宮、せっかくだから見て行きたいかな、といいたいところですが…。

 

江のくん
江のくん
どわーーー!
この人の数!

ということで、江のくんは即リタイア。

けれど、無料で鶴岡八幡宮の境内で見られる能は、とってもオシャレですね!

 

ちなみに、舞殿より脇の道に、まだまだぼんぼりが続いていますね。

 

境内の白旗神社のところまでくると、正面の参道には小さなぼんぼりが並んでいました。

小さいぼんぼりの中でも、江のくんが一番気に入ったのは、こちらです。

 

江のくん
江のくん
なんかね、あったかい気分になれるから、素敵だなって思ったの。

 

3.屋台の数は、ほんの少しです

年々減少しているのが、屋台の数です。

今回も、鶴岡八幡宮の参道の端っこに数件あるのみでした。

 

しっとりした雰囲気を楽しみたいかたにしてみれば、屋台は少ない方が良い場合もあるかもしれません。

 

とはいえ、たくさんの人が集まるお祭りなだけに、ちょっと寂しい感も否めない?



4.ぼんぼり祭りの作品紹介

ここからは、ぼんぼり祭りで飾られていた書画の本のいくつかをご紹介いたします。

個人的に面白いなとか、きれいだな、と感覚的に思ったものをピックアップしました。

 

猫たちの愛嬌のある表情に魅力を感じた一枚。

 

なつかしい鎌倉の歌を作品にするのは「なるほど」と思いました!

ぼんぼり祭りにピッタリなテーマですよね。

 

鎌倉市政80周年!

おめでとうございます。

江のくん
江のくん
好きです、かまくら。

 

朝顔の繊細さが表現されている作品。

画力があって素敵!
それにしてもアサガオって、ぼんぼりになじむデザインですね。
ユイさん
ユイさん

 

江のくん
江のくん
今回の画力No1といえば、このぼんぼり!

 

七里ヶ浜からの景色で、遠方に江の島や富士山が望めます。

人気のロケーションを素晴らしい筆致で仕上げていますよね!

感動、いただきました!

 

こちらは漫画家さんの作品のようです。

漫画イラストもぼんぼりになじみますねー!

 

「折原みと」とサインがあります。

江のくん
江のくん
江のくんも見たことのあるデザインです。
とっても有名な人なんだろうな。

 

こちらは「しりあがり寿」さんの作品。

この脱力感のある絵、まさにアートといわざるをえない…。

 

「超人女子戦士ガリベンガーV」と書かれています。

調べたら、2019年のテレビ番組で行われていたもののようです。

 

5.2019年版「エヴァ」や「安野モヨコ」作品紹介

さあ、ここは特別枠にしましたが昨年もあった「エヴァ」と「安野モヨコ」さんの作品が今年もぼんぼりになっていました。

 

このふたつのぼんぼりは、明らかに人の集まりがすごかったです!

それでは、まず「エヴァ」からご覧ください。

 

江のくんは昔、テレビアニメで見たことがあります。

その人気は今も衰えず、ですね!

 

そしてお次は「安野モヨコ」さんの作品。

江のくん
江のくん
のーーーーーーーーーん!!
とっても美しい浴衣の女性のイラストです。

安野モヨコさんの独特の線のタッチがぼんぼりに映えていますね!

 

左下には「百葉子」とサインがあります。

モヨコを漢字にすると「百葉子」なのですね。

 

もうちょっとアップ目に、縦画像でご覧ください。

うーん、日本人女性の美が、安野モヨコスタイルで表現されていますね。

素晴らしい作品をぼんぼりにしていただき、ありがとうございました。

来年もお待ちしております。

 

おわりに

ぼんぼり祭りは毎年鎌倉の鶴岡八幡宮で行われています。

来年はどんなぼんぼりが飾られるのか、今から楽しみになります。

 

夏の鎌倉は海水浴や祭りなどアクティブなイベントが人気になりがち。

けれど、こういうしっとりとしたイベントを通して、鎌倉の風情を感じられるのも素敵に思えます。

 

毎年3~4日のイベントですので、気になった方は、今から予定を準備してみてもいいかもしれませんね。